マンスリーGK2020年3月号【クトゥルフの化石】
5e745bc62a9a422939e0f532 5e745bc62a9a422939e0f532 5e745bc62a9a422939e0f532 5e745bc62a9a422939e0f532 5e745bc62a9a422939e0f532 5e745bc62a9a422939e0f532 5e745bc62a9a422939e0f532

販売期間
2020/03/20 19:30 〜 2020/03/31 23:59

マンスリーGK2020年3月号【クトゥルフの化石】

¥4,400 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

※ 2020年4月中旬 〜 2020年4月下旬 発送予定

原型制作:大山竜 全高 約6.5cm パーツ数 1piece ※木製ベースは付属しません。画像の7枚目が商品の全体像です。 ≪募集期間≫ 2020年3月20日~31日(23:59)まで クトゥルフ神話を代表する邪神、クトゥルフをモチーフとした作品です。 クトゥルフ神話とは、アメリカの小説家H・P・ラヴクラフトを筆頭に複数の作家たちが執筆した、一連の小説が元となり生まれました。 太古の地球を支配していた異形の神々が現代に蘇り、人類は無機質で圧倒的な宇宙的恐怖に絶望する… 複数の作家の間で架空の神々や地名・アイテムなどを共有し執筆されるうちに、壮大な神話体系へと発展しました。 物語は小説の枠を超え、映画、コミック、ゲーム、造形とあらゆる分野へ影響を広げています。 ラヴクラフトはクトゥルフの姿をスケッチとして残しています。 クトゥルフを愛する世界中のクリエイターがそのスケッチを規範とし、様々な作品が生み出されました。 本作品もそのスケッチを元にデザインされているのは明白です。 もはやクトゥルフを表現する際のスタンダードともいえるデザインですが、大山氏の手にかかると大山竜スタイル溢れるオリジナルな作品になるのが不思議です。 6.5センチという小ささにもかかわらず、溢れ出る生物としての存在感、化石という説得力。 ぜひ手にとって実感してほしいです。 ちなみに…2019年4月、ある新種の古生物の化石が発見されたとの発表がありました。 化石は英国のシルル紀(4億3000万年前)のもので、体長は3センチほど、全体が骨板に覆われており、体中には45本もの触手が生えているそうです。 その生物は見た目から「ソラシナ・クトゥルフ(Sollasina cthulhu)」と名付けられました。 ■この商品はガレージキットです。掲載している完成品見本のようにするためには、組み立て、塗装が必要になります。部品にできた段差や気泡はパテ等で修正して下さい。組み立てるには接合部をアルミ線等で軸打ちするか接着剤で接着してください。離型材が付着している場合がありますので塗装の前によく洗浄してください。 ■マンスリーガレージキットとは? https://gillgillgk.com/news/5dd3bb73b2f6fd54b13edab5